「変わりゆく猫毛、変わらない猫毛」

髪が気になりだしたのは中学生くらいで、整髪料を使用している同級生やかっこいい先輩達をみてよくわからずドキドキしながらかったことを思い出します。

http://www.listentopolo.com/

そのころから変わらない猫毛についての悩みと、都市を追うごとに変わっていった事についてです。

髪質は、ケアをしたり矯正などをしない限り大部分は遺伝によるものと考えていました。センター分けをしてさわやかになるはずのイメージが、部分部分にくるっとしいたウェーブがかった部分がでてきます。そのことにきずいたのは中学生の時、同じくしを使い同じ整髪料を使用して同じ髪形にしているものの何かがちがうと感じた使い始めのころでした。その頃は何の知識もなく無理やり引っ張ってみたり、ドライヤーと強くあてたり無駄な抵抗をしていました。

私にとって猫毛は、ずっと変わらない形であり歳をとってもボリュームや白髪など多少の変化があるにせよ形はかわりません。

ただ猫毛との付き合い方は、変わりました。

他の人になり曲がり方は、個性の表れでありだれにもまねできないことです。さらに本人はなんの努力もせずに自然に一定の形を維持してくれるものです。

若い頃は、猫毛が目立たないような髪形や整髪料を探していましたが、最近は猫毛を活かしたナチュラルな髪形も楽しんでいます。

特に、近年はパーマの幅もひろがっているので変わらない猫毛に対して、自分の捉え方を変えて変わりゆく猫毛にしていこうと考えています。

長いと直毛、短いと癖毛

私の髪の毛は、肩以上に長いとストレートの直毛で短いとうねうねなる癖毛です。

効果あり?ヘアージュの口コミと本音の評価を完全暴露!

冬の時期は寒いのでいつも伸ばしており、ストレートなのでアレンジしやすいのですが、

春先から夏にかけて暑くなってきたから髪の毛をバッサリ切ると癖毛になってしまいます。

特に梅雨時期は湿気で髪の毛がボワボワになってしまい、アイロンやコテをしてもすぐに取れてしまいます。

だからといって髪の毛をずっと伸ばしていると首の後ろが暑くてかゆくなってしまうし、

お風呂上がりのドライヤーもせっかくお風呂に入ったのに汗だくになってしまいます。

結婚式のために髪の毛を伸ばしていた時は、ドライヤーが本当に苦痛でした。

ドライヤーをしないで、髪の毛が濡れた状態で寝てしまったこともあります。

何度か短い髪の毛でストレートパーマやデジタルパーマなども試したのですが、

ストレートだと藁が頭に乗っかっているようになってしまい、デジタルパーマだとおばさんみたいになってしまいました。

1年を通してロングにしておけば扱いやすいのでしょうが、アレンジメントも苦手なので、

基本的には結んだりコテを使ったりはしたくありません。

私の理想は、ショートで頭に沿った丸みがある髪型です。

どのようにしたら、自分にあった髪質になるのかが知りたいです。